マウスピースを使うメリット

簡単な流れを説明

歯医者にマウスピースで矯正したいと相談すると、まず口内をチェックします。
そして型を取り、その人に合ったマウスピースを作ってもらいます。
緩やかに歯を動かす作業と大きく動かす作業を2週間ずつ、歯並びが正常になるまで続けてください。
この作業に、大体1年ほど掛かると言われています。

正常な歯並びになっても、そこで油断してはいけません。
放置すると、次第に歯並びが元の悪い状態に戻ってしまいます。
そこで後戻りを防ぐために、リテーナーという装置を使って歯並びを固めます。
リテーナーは1年ぐらい装着するので、合わせて2年ぐらいの時間が掛かると覚えておきましょう。
マウスピースはワイヤーに比べて、ストレスを感じにくい面がメリットです。

ずっと付けているわけではない

プラケット治療の場合は、ワイヤーを常に装着しています。
ですから気になって、ストレスを感じるかもしれません。
また表側矯正の場合は、周囲に矯正していることを気づかれる面もデメリットです。
しかしマウスピース治療なら、常に付けているわけではありません。
1日数時間だったら外しても良いので、食事の時間や人に会う時間はマウスピースを外してください。
それだけでも、精神的な負担を大きく削減できます。

またマウスピースは歯並びの状態に合わせて、何度か作り変えます。
ですから同じマウスピースを2年間ずっと使い続けることはなく、衛生面も心配ありません。
このようにメリットが多いので、最近はマウスピース治療を選択する人が増えています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ