1年や2年ほど掛かるもの

表側にワイヤーを付けた時

プラケット治療ではワイヤーを歯に装着して、歯並びを整えていきます。
表側にワイヤーを付ける時は、1年から3年ぐらいの時間が掛かると覚えておきましょう。
長い期間が掛かると聞くと、矯正を面倒に感じる人がいると思います。
しかし矯正しなければ、歯並びが曲がったままです。
すると見た目が気になりますし、噛み合わせも悪くなります。

さらに頭痛や肩凝りなどを引き起こすこともあり、デメリットしかありません。
早めに、改善することをおすすめします。
プラケット治療は歯を矯正する時に、最もポピュラーな方法だと言われています。
ですから、どこの歯医者でも可能でしょう。
ちなみに少ししか歯並びが曲がっていない人は、もっと短期間で矯正が終わります。

裏側に付ける方法がある

実は、歯の裏側にワイヤーを付けて矯正する方法があります。
それだと口を開いても、ワイヤーが相手から見えないという面が大きなメリットです。
誰にも気づかれずに矯正を進めたい人は、その方法を選択してください。
ただこの方法は、歯並びがかなり曲がっている人は使用できないと医師に言われます。
事前に歯並びを調べてもらい、裏側矯正が可能なのか聞きましょう。

また裏側矯正だと表側矯正に比べて治療期間が長くなり、平均は1年から4年になります。
歯全体ではなく、部分的に曲がっている人はそこだけ矯正する方法があります。
それを部分矯正と言い、治療期間は1年ほどと最も短くなります。
自分の歯の状態に合わせて、適切な方法を選択してください。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ