1年や2年ほど掛かるもの

プラケット治療には、いくつかの方法があります。 それによって治療期間が変化するので、事前に医師から説明してもらってください。 その上で、どの治療方法を選択するのか決めても良いと思います。 少ししか歯並びが曲がっていない人は、部分矯正ができるかもしれません。

マウスピースを使うメリット

歯にマウスピースを装着して、矯正する方法があります。 それだと治療期間は、2年ぐらいになると覚えておきましょう。 具体的に矯正の流れを知っておくことで、スケジュールを考えやすくなります。 また、マウスピース治療の場合に得られるメリットも把握しましょう。

気軽に行ける場所にある

どこの歯医者で、矯正を受けるのかという部分が重要です。 こまめに通いますし、何かあった時にすぐ相談できるよう近くの歯医者を選んでください。 またどのような方法で、矯正ができるのか調べましょう。 豊富な種類の中から、好きな方法を選択できる歯医者が良いですね。

おすすめリンク

口コミの多い渋谷の矯正歯科

歯列矯正をお考えの方に口コミの多い渋谷の矯正歯科をご紹介。探すときのポイントもお伝えしています。

どこにワイヤーを付けるか

その人の歯並びの状態によって治療期間が変化し、軽症だと短期間で済みます。
しかし重症だと数年という期間が必要なので、歯医者に通う時間を確保して治療に臨んでください。
プラケット治療の場合は歯の表側にワイヤーを付けるか、裏側にワイヤーを付けるのかによって治療期間が変わります。
表側にワイヤーを付けた時は1年から3年ほどで、裏側に付けた時は1年から4年ほどになると覚えておきましょう。
また部分的な矯正の場合は、1年ぐらいで治療が終わるケースが多いです。

マウスピースを使って矯正する場合は、2年ほどの期間が必要です。
大体の流れを説明すると、まずは口内の検査を行い、歯の型を取ってからマウスピースを作成してもらいます。
さらに最初の2週間は歯を少しずつ動かし、次の2週間にもっと大きく動かしていきます。
この作業を繰り返すことで、次第に歯並びが正常な位置に戻っていく仕組みです。
歯並びが正常に戻ったら後戻りしないように、リテーナーという装置を付けます。
これを1年ほど装着したら、矯正の終了となります。

こまめに歯医者に行って、口内の様子を見てもらいます。
ですから、行きやすい歯医者を選択してください。
自宅や職場から近い歯医者だとすぐに行けるので、通いやすいですしトラブルが起こった時にすぐ助けを求めることができます。
また、治療方法を多めに用意している歯医者もおすすめです。
そこなら自分の希望に合わせて、治療を選択できるでしょう。